ってかさぁ。

この接続詞の続きはたいてい役に立たない。

薄いと濃いの間、長いと短いの間が「やや長めのweb特集記事」だと思うんですね

吉祥寺に用があったので、ついでに井の頭公園をぶらつきました。冬の水辺って清々しい気分になる気がします。

池の端っこに神田川の源流を見つけたので、小さな橋の上から写真を撮る。そういやほぼ日の企画でやってたわ。こんな細い川が何本にも分かれて大きくなって海まで行くって改めてすごいな。進化して分かれて広がっていく生き物の系図が思い浮かんだのは、個人的教養世界史ブームのせいです。

***

指南役さんという人のTV分析の連載がすごく面白くて。同じく指南役さんの72時間ホンネテレビの記事もそうですが、『異邦人』のコラムなんてドラマティックでドキュメンタリーかよと。末尾の締めくくりが俯瞰的だけどタイトルに帰ってくる感じが!!そんな締め方しちゃうのってな!!
reminder.top
social-trend.jp

…とはいえ連載全部は読んでないです。twitterで更新のお知らせがあって気が向いたら読んでるくらい。でも1記事3ページ以上がデフォで、ネットニュースよりは長い。でも読める。

***

ニュースと本(書籍)の間に、「やや長めのweb特集記事」がじわじわ存在感出してるなと感じます。

ほぼ日の読み物は3〜12回くらい、NewsPicks特集記事も3〜10、長いものは15回とか。一回のインタビューを分けて書いてるものもあれば、1つのテーマに対して寄稿、体験レポ、インタビュー、対談など回ごとに中身を変えるものも。

最近ブロックチェーンを知ろうと思ったときにちょうどよかったのがNewsPicksの連載。
newspicks.com
私はエンジニアではないから技術的内容に興味はないけれど、なぜこんなに話題になってるか、何がどうすごいのか、概論は知りたい。そうすると短いネットニュースだとよくわからないし、本だと縁遠くて手が出ない。そのときに多角的にまとまってたNewsPicksの特集はちょうどよいのでした。

***

少し角度を変えまして。
noteというブログのようなサービスがあって、一時期けっこう話題になりました。100円とか有料記事も公開できてユニークだね、という感じだったのですが、「思ったより来なかったかな?」と最近思っていたものの。一部ではずっと有効活用されているようです。ZOZOSUITの記事でシェアした最所あさみさん、かっぴーさん、ホリエモンさんしかり、業界内で知見があって表現力が高い人はメルマガ的に使っている。そこでオフ会やイベントもあったり。コミュニティみたいになってたのかーと気づきました。来なかったとか言ってすんません。

***

ホンネテレビの指南役さんの記事にもありましたが、「SNSで気づいてから自分で調べてコンテンツにたどりつく」という情報摂取ルートが増えています。twitterは高校生とかもまだけっこう使ってるみたいだし。マスというかマクロ発信(受信)とミクロ発信(受信)のバランスを取って、軸足を寄せすぎないようにしないとまずいなと感じたこの頃。速報のあり方も難しいですね。ZOZOSUITのときは前澤さん自身がツイートしてんだもんな。

博物館は無料がいい? ~ロンドンから帰って考えてみる~

びっくりするくらい更新してなかった。笑

***

 

先日ロンドン旅行に行ってきた。4泊6日、丸3日間はロンドンを満喫できる計算で、博物館と美術館にとにかく行った。

 

大英博物館、ロンドン自然史博物館、テートモダン。本当は他にも行きたかったけれど、それ以上はちょっと無理だった。3つともとても素晴らしかったけれど、時間がなくてつい駆け足になってしまった。残念。また行きたい。

 

www.britishmuseum.org

www.nhm.ac.uk

www.tate.org.uk

 

とにかく驚いたのが、どれも入場料無料なんですね。特別展はさすがにお金かかりますが、通常はフリーで入れる。

 

テートモダンでは館内マップは「1£」と記載入りで、山積みのマップの横に募金箱。マップを手にした人はそこに募金。1£以上払う人ももちろんいる。強制じゃないから募金しないでしれっと持っていってしまう人もいるとは思うけれど、ある程度みんな払っているんじゃないかな?他の博物館もマップは有料(推奨?)な感じでした。

 

ロンドン自然史博物館はさすが技術が発展していて、スマホをタッチするだけで募金ができる機械があった。長身のお兄さんがさっそうとスマホをかざしながら入場していった。

 

***

 

無料で入れるせいか、日本とは鑑賞スタイルがまったく違うな、という印象。

 

大英博物館はエジプトの大きな彫像コーナーが人気で、子供から大人までたくさんの人がいた。彫像の目の前の椅子にはスケッチブックを持った人がたくさん座り込んでいて、ずっとスケッチをしていた。小学生の社会科見学のようなのも何組もいて、みんな自由にプリントに書き込んだり駆け回ったりしていた。

 

自然史博物館は化石コーナーが子供たちに大人気。ファミリーがたくさんいて、お土産コーナーも盛り上がっている。広い廊下の両壁際には長椅子が並んでいて、ベビーカーを横に休憩している親もたくさん。廊下途中のスペースで学芸員がちょっとしたイベントをこまめに開催。化石の模型を見ながら「ほら、恐竜の歯ってこんなふうなんだよ~」という体験イベントをちょくちょくやっていて、強制されない学びの場があふれていた。

 

テートモダンは上2つとは異なって現代アートがメイン。ピカソやモネなど聞いたことある有名作品以外にも、新しい映像作品など現代アートももりもり。入口の解説文の中に「You don't have to like all the art.」と書いてあって、「なんていい言葉だ!」と感動したものです。建物自体もおしゃれで、窓際のソファスペースで外をぼんやり眺めながらPCをいじっている人、うたたねしている人、いろいろいました。

 

***

 

日本の美術館・博物館はたいてい入場料がかかります。

 

上野の国立科学博物館で開催していた「運慶」展に行ったのですが、平日夕方でも30分待ち、かつ中はぎゅうぎゅう詰めでした。もちろん展示自体は素晴らしい。けども、お金を払って見学しているせいか、「一つも見落としてはならぬ」というような迫力で展示物の最前列をウゴウゴと進んでいく人たち。無料で見ることができるロンドンと違って、鑑賞する側に「必死さ」がありすぎて余裕がないな、と感じました。(もちろんすばらしい国宝が勢ぞろいだったからその気持ちは正しいのだ、けれど!)

unkei2017.jp

 

特別展のチケットを買うと、常設展も無料で見れることが多い。けれど、特別展をしっかり見るとだいたい2時間はかかる。そこからちょっと休憩して「じゃあ常設展もいきますか」とはなりにくい(私はそれが多くて結局常設展あまり見たことが無い)。

 

じゃあある日わざわざ「常設展ふらっと見に行こう」というのも、なかなかならないんだな、これが(私の場合です)。

 

***

 

東京に来てから、博物館の展示の豪華さ、面白さにハマってしょっちゅう行くようになりましたが、最近はお土産コーナーも充実、公式サイトも面白い仕掛けやコンテンツがたくさん、なかなか工夫しているなと思います。

 

ただ、「博物館や美術館によく行くんだよね」と言うと、「高尚な趣味だね」というリアクションが多い。インテリか?みたいな。

 

もちろん気軽に行ける場所だし、私以外にも気軽に何度も行って楽しんでいる人はたくさんいる。でも、なぜかデートや映画、遊園地、動物園とは並ばないスポット、そういう印象が「博物館・美術館」にはある気がするのです。日本では。

 

ロンドンはそんなことなかったけどね。カップルも、ファミリーも、たくさんいたし、ふらっと来たんだろうな、という人もたくさん。中でもおしゃべりを楽しんで、日本みたいに「静かにしなきゃ」という圧力もなく。普段から、行先の選択肢に入りやすいんですね。

 

***

 

「とにかく無料にすればええがな」というのではなく、「無料で試してファンを作ってからモノを買わせる」って最近のトレンドじゃないですか。本でも音楽でもなんでも。無料で情報がいくらでも摂取できるこの時代だから、ファン作りの裾野を広げるために、入場料無料な日がもうちょっとあってもいいのかな、と思います。もう少し余裕ある心で楽しむこともしたい。

 

いろいろググっていたらそういう論文が見つかりました。博物館の成立や、博物館関連の法制度に関して研究している瀧端真理子さんという方でした。卒論書いてた頃よりも真面目に読んだw

 

日本の博物館はなぜ無料でないのか?
──博物館法制定時までの議論を中心に──

https://researchmap.jp/?action=cv_download_main&upload_id=104058

 

ここに書いてありましたが、「週3日は無料」とかもいいかもね。あとロンドンの無料について、ギリシャとかからの文化財返還請求に対する免罪符、という考え方も書いてあって、そんな事情もあるのかと発見でした。

一応、日本の博物館法には「原則無料」と記載されているそうですよ。

 

***

 

博物館とか美術館とか、もっと気軽にたくさんの人に行ってほしいし、そういう気軽な場所として思われたいし、そういうところに行くことがもっと気軽な趣味として認識されたいな、と思う次第です。

 

そして、興味関心のあることだったら真面目に情報収集できるんだな、と感じたこの頃です。

アルチンボルド展で野菜食べないとなと思った

アルチンボルド展に行くんだ」と言うとほぼ全員に「なにそれ?」と言われたので「絶対見たことあるから!」と画面を見せて「あ~知ってる!」というのを3人くらいやりました。見たことあるでしょ、野菜でできた顔!

arcimboldo2017.jp


バベルの塔」展に引き続き、ちょっとキモ面白い系でした。神聖ローマ帝国(懐かしい響き笑)が世界中の動植物を集めて教養に力を入れ始めたところだったので、アルチンボルドはそこで知った知識も含めて作品を作っていたようです。にしてもすんごい繊細!野菜とか動物とか植物を組み合わせて人間を作っているのに、無駄なスペースとか「ここ隙間空いてない?」みたいなのが一切ないのね。


影響を受けた後発の作家が同じようなものを作った、ということでその作品も展示されていたけれど、目のところが不自然だったり強引に要素をくっつけてたりと不自然になってて。余計に「アルチンボルドすげー」となりました。

 

***

 

このところ暑くて溶けそうで、この土日はサボテンの引っ越し(植え替え)くらいしかしてない。根っこについた土を落として、爪の間に土が詰まるなんて子供のころ以来な感じがしました。引っ越し先にちゃんとなじむか、ママ心配です。


***


「モノより思い出」と言いますが。最近写真とか日記とかが全部データ上に存在していて、「九州の大雨でPCぶっ壊れた人は大事な写真とかも戻せないのかな」と思いました。東日本大震災で写真(アナログなほう)を復活させるボランティアもあったけれど、「モノより思い出」と言ってモノとして残さなくなっていった思い出は、果たして本当にずっと残しておけるものなのか?人間は忘れる生き物ですからね。インターネットがずっと何十年も私のデータを取っておいてくれるかなんてわからないし、物理的なアルバムのほうが自分で管理しているし確実なんじゃないか…なんて最近思っています。


「モノに宿っている思い出」のほうが、最強?写真ピックアップして焼いておこうかな…「思い出保険」とか、出ちゃうのかしら。

 

やさいつながりで。

 

www.youtube.com

恋心わきてながるるPairsなりや

最近Pairsで恋人を見つけている人が増えている。自分の身近でもそんな事例がそこかしこに見られて、Facebookの広告に現れたころには「クソうさんくせー」と思っていたものだが「なんだかすみませんでした」と思ってしまうこの頃です。だって実際幸せそうだしいいじゃないの。でも仮に私が親に「ネットで彼氏を見つけました」と報告したらどんな顔をされるのだろうか…「お母さんだってお見合い写真で結婚したじゃないの、それと一緒よ」とでも言えばいいのかしらん。


Pairsユーザーにいろいろ聞くと、自分のプロフィールだけじゃなく「ご飯に行ったら割り勘派かどうか」といった「付き合い始めたら合わせておきたい価値観」的な設問とかもあるそうで、なかなかに気の利いたサービスなのである。でもよくよく聞くと「胸元が写った写真をUPしている女の子は『いいね』無双」ということで、男とはかくたるものかと思う次第です。


***


『サピエンス全史』をようやく読み始めたのですが、これ面白いぞ(まだ全然だけど)。ホモ・サピエンスが他のホモ属のネアンデルタール人とかそういうヒト達を駆逐してしまったのか、ある意味混ざっていったのか、というまだその辺しか読んでないけど、十分面白い。普通の世界史とは違う生物学的視点が入っているからとてーも面白い。なんとなく猿人がいて、原人がいて、というふうに順番に進化してきたかのように思っちゃうけど、いろんなヒトが同時に存在していた!という説はすごく新鮮でした。
でも進化の過程でホモ・サピエンスだけが残ってしまったという背景にも「おっぱいが大きいメスは強い子孫を育てるゾ」というようなDNA刷り込みがあったんでしょうか。Pairsの話を聞きながら思った。オスとは、男とは。ヒト属250万年の歴史。

 

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福 | ユヴァル・ノア・ハラリ, 柴田裕之 |本 | 通販 | Amazon


***


小学生の頃にやった百人一首で、意味も分からず語感が好きだったのが「いつみきとてか」という早口言葉みたいなフレーズ。


みかの原 わきて流るる 泉川(いづみがは)
   いつ見きとてか 恋(こひ)しかるらむ

 

改めて調べてみたけど、平安時代の恋模様はぶっとんでるのに文字化されてるから面白いぜ。いつみきとてか、いつみきとてか~。

 

【百人一首講座】みかの原わきて流るる泉川 いつみきとてか恋しかるらむ─中納言兼輔 京都せんべい おかき専門店【長岡京小倉山荘】

HUNTER×HUNTERでも「ん」から始まる言葉対決やってたぞ

最近は「教養」ブームですが、みなさんどうですか。

私が最近披露して感嘆された知識は「『ん』で始まる言葉は『ンゴロンゴロ国立公園』と『ンジャメナ』」でした。想像以上の反響でびっくりしました。小学生とか子供の頃にやらないかな?しりとりで負けない方法探すのって。ちなみに、ンジャメナはチャドの首都です。

***

ビジネス書が読み進まないからまた小説を読んでいるけれど、最近はアプリもいいぞと。

ほぼ日がアプリ化して昔のアーカイブされた連載がランダムで表示されるようになったから、ユニークな対談に出会ってしまってとてもよい。NewsPicksも有料会員はブック機能で過去の連載が読めるから素敵。ほぼ日もNewsPicksも、1つのコンテンツが9回くらいの連載になっているから、まとめてちゃんと読むといいボリューム感。

https://newspicks.com/book/568

今更ながら「リーダーの教養」編を読んだけれど、押し付けがましくないのに納得いく話ばかりで面白かったです。頭のいい人は、何を話すにしろ抽象性と具体性(マクロとミクロというか)のバランスが取れていて、「すっ」と入ってくるよなぁー。

だいたい面白がられるのは、具体的な話をしたときだと思うのね。

***以下引用***

ヨーロッパの街を歩くと、あちこちでチェスをやっていますが、もし自分がチェスを知っていれば仲間に加えてもらえる可能性が生まれます。そうして一緒にチェスができたら、会話も生まれてきっと楽しいと思うのです。ですから、何かを知るとか学ぶとかいうことは、自分自身の人生の選択肢を増やすものなのです。

***

聞いてくれ!NASAのインスタの使い方がとってもクールなんだ!!

興奮のあまり思わず映画吹き替え版みたいになっちまったが、まぁ聞いてくれ。

俺はinstaglamはほとんど使わない。情報収集用に一応アカウントを持っちゃいるが、投稿は一切しないしほとんどフォローなんかしていない。なんでかって?そんなもん必要ないからさ。

ただ、趣味でNASAはフォローしてるんだ(あとナショナルジオグラフィック黒柳徹子もフォローしてるぜ、ちなみにな)。写真が最高にクールなんだぜ。

instaglamにストーリー機能が入ってたのはもちろん知っていたさ。ただ、写真と動画がちょろちょろ流れるだけだろ?とタカをくくってたんだ。

それが見ろよ。NASAのインスタをよ。新しい宇宙飛行士のお披露目セレモニーが、コマ送りのようにストーリー機能を使って発信されてるんだ。偉い人の話も要点を抜粋して10秒、ステージ裏で緊張する新米宇宙飛行士の後ろ姿、宇宙飛行士登場の感動的シーン、一般客と触れ合う様子。動画でフルだと長くて見れねぇが(業界用語だと離脱するってやつだ)、自分で好きなタイミングでスキップできるし、気になる野郎は後で勝手にググって詳細を調べりゃいいんだ。

そして何よりよかったのが、12人の宇宙飛行士が1人ずつ自己紹介するんだ!それもコマ送りのように短めの動画でパパッ見れる、けどそれでも人柄ってもんが出るだろ?英語だから何言ってるか半分もわかんねぇけどな!!

全部でだいたい3分半、いいコンテンツをやってくれたぜ。くっそ、でもあと2時間くらいで消えちまう。ストーリー機能は24時間で消えちまうんだ!だからよ、この投稿見た奴はさっさと見ろよ!ここまで読んだお前は暇人なんだからな!

http://instagram.com/nasa

ごきげんいかが、私は坂道が好きです

先日「不機嫌は伝染する」という記事を読んだ。

careersupli.jp

 

そういえば「ウサギのモフィ」という漫画(リラックマの作者の人の漫画)でも「ふきげんも伝染するからね 近よらないのが身のためだ」と書いてあった。

うさぎのモフィ/主婦と生活社

 

けっこう前に読んだインタビューなのに「負のイメージを考えそうなときには頭を振るんです」というフレーズが頭に残っている。

www.1101.com

 

といろいろ考えていたら、為末大さんがtwitterでこの記事をシェアしていた。

note.mu

 

なんでもいいから、物思いを断ち切る「具体的な行為」は自分なりに持っておいた方がいいなと思った。本を読むでも頭を振るでも声を出すでもなんでもいいけど。「こうしよう!」と思ってるだけだとなかなかうまくいかないんだな〜。

 

***

 

最近私のデスクを見て「土木好きなの?」「エジプト好きなの?」と聞かれることがある。誤解を解きたい、そうではない。


私は「マニアが盛り上がっている様子」を観察するのが好きなのだ。タモリ倶楽部の電車回なんて「たまらんですなぁ」という感じ。この前阪神戦を見に行って「本物の虎ファン」を見れて感動した。土木が好きすぎてテトラポッドパーカー作っちゃう人とか大好き。「マニアがマニア同士でわかる狭い中で盛り上がってわちゃわちゃしてるのを見る」というのが好きなのであって、別に私は何のマニアでもない。でもそんなことしてるからシュールな知識が広く浅く身についていってしまい、結果的に「マニアっぽい人」になってしまうのである。
そんな私が最近買った本、こちら。

shop.kotsu.co.jp

 

能町みね子さん、すごく似た何かを感じるので、めっちゃ会いたい。