読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ってかさぁ。

この接続詞の続きはたいてい役に立たない。

声ニュケーション障害

電話が嫌いだ。

やはり嫌いだ。

 

電話をしなくていい日はなんて気分がいいんだ。

 

その事実が、私が電話が嫌いということをより引き立たせる。

 

***

 

知らない人と面と向かって話すのもどぎまぎする。

相手が自分をどう思うかまったくわからないし予想もできない。だから頑張って表情を読み取ろうとする。

 

電話じゃそれすらできないじゃないか。

知ってる人との電話でさえ、情報が少なすぎる。

声色はふつうでも泣いているかもしれないだろう。

無口でいるとき、電話の向こうでは何をしているんだろう。

不安だ、不安だ、ああ不安でしかない。

 

まして、見ず知らずの人と電話をするなんてどうやっても楽しくない。

声は若くてもおっさんかもしれない。

知らない野郎から知らない件で電話をかけられるなんて絶対嫌じゃないか。

初対面は電話線?対面してねぇじゃねぇか。

不安だ、不安だ、不安以外のなにものでもない。

 

***

 

ああすっきりした。

 

でもきっと付き合いたてのカップルは電話が大好きなんだよ。

不思議だ、ふしぎ、ああふしぎ。