ってかさぁ。

この接続詞の続きはたいてい役に立たない。

歴史って面白いのに

ちょっと前までビジネス書とか経済系のTVとかNewsPicksの連載とかばかり見てたのに、最近は教養系の番組とか小説とか博物館とかそっちに興味・関心が引き戻されています。はて。

 

***


先日『この世界の片隅に』を見ました。とても素敵な映画でした。戦争を扱う作品はたくさんあるけれど、『はだしのゲン』とも『火垂るの墓』とも違う、普通の日常を切り取った作品でした。悲惨さが無いわけではない。「感動ポルノ」という言葉が夏の時期に話題になりましたが、戦争もののコンテンツにもそれは当てはまるのかも。そうでない、フラットなとらえ方のできる映画でした。クラウドファンディングの協力者の名前が出る演出もよかった。これからこういう映画が増えるんだろうか。


***


金曜日に『風の谷のナウシカ』がやっていて、家に帰ったらちょうどラスト30分のところ。そこから見ていたらなんかもうボロボロ泣いてしまって、自分にびっくり。子供のころは何回見ても一切泣かなかったのになー。大人になったということなんでしょうか。


***


子供のころにクレヨンしんちゃんの映画を母と見に行ってすごく楽しかったのに、終わってから「お母さん途中で寝ちゃったワ」と言われて「大人はなんて奴らなんだ」と思った思い出。だけど先日姪っ子とボリショイサーカスを見に行ったら、自分が途中で爆睡。サーカスで寝れるのか、大人は。


***


子供の無邪気さ・ワクワクと引き換えに、少し難しいお話を楽しめるようになったと、ポジティブに受け止めましょう。「ナウシカ」はどっちでも楽しめるということなんだろう。ジブリすごい。


先月やってたNHKのドラマ『東京裁判』。全部は見れなかったけど、海外との合作かつ裁判の映像と演技を織り交ぜた見応えのあるものでした。子供にはつまらなかろう。

www6.nhk.or.jp