読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ってかさぁ。

この接続詞の続きはたいてい役に立たない。

ブログ運営ってどういう気持ちでやるんだっけ

結局全然知らない誰かがぶつくさモノを言っていても、PV数にはつながらないのです。エッセイなんてものは有名人が書くから売れるのであって、なんでもない何者でもない自分なんかが書いてもなんにもならないのである。

 

ブログで売れようとかは別に思ってはいないけど、売れよう(PV数稼ごう)と思ったらそれなりの覚悟が必要なんですね。何か難しいニュースについて解説をするとか、自分のプライベートをさらけ出すとか、誰かを刺激するようなことを書くとか。リスクを取らないといけないんですね。まぁ、あとはちゃんと考えて書く、っていう時間と頭を使うということか。

 

あくまで無難なことをだらだら書いているだけだと、まぁ知り合いがたまにフラッと訪れて「相変わらず変なこと書いてるね」なんてリアルな現場で言われるくらいです。

 

このブログの位置づけについて悩み中。文章をだらだら書いてるのはいいストレス発散にはなるけれど、知り合いが見るのであればFacebookとかでいいじゃん、という気もしないでもない。結局Facebookとかに書いて読者を安定確保するぬるま湯につかって「いいね!」を稼ぐ、という凡庸。

 

うーん、ブログをあえて設けているなら、何かもっとテーマを決めたり時間をかけたりするべきなんだろうとは思うけれど、「まぁ結局自分のストレス発散だし」「備忘録みたいなもんだし」みたいな「別にええやんけ」文脈が頭を出す。

 

うーーーーん

だからはてブは「お題」を提供しているんですね。困ったあなたへ。なんとなく意地張ってそれに従ったことはないんだけど、そんな意地誰も見てねぇよ、ってことですね。

 

友人でもブログ持ってる人いるけれど、みんなどんなモチベーションでやってんですかね?聞いてみたい。